初心者でも分かるFX事典

基本的なことの理解

このエントリーをはてなブックマークに追加
投資にはいろいろなものがありますが、FXは、外貨を利用した投資です。
言い換えれば、外国為替相場を元にした市場があり、為替変動に基づいた投資であるということです。
デリバティブとも言われ、金融派生商品の一つとなっています。
外国為替証拠金取引と言われるように、証拠金制度が採用されています。
これは、業者に担保のような証拠金を積むことで、取引が可能なことを意味しています。
また、レバレッジを利用することができ、少額の証拠金でも多額の取引が可能となります。
通常は、倍率を選択することになり、現在、個人投資家においては、25倍まで選択できるようになっています。
こんなFXにおいては、株式のような権利移動などはありません。
純粋にお金のみの移動であり、現物取引ではなく、差金決済取引となっています。
つまり、反対取引を行うことで決済となり、損益が確定します。
買いをすれば、必ず売りをしなければいけません。
また、FXでは、空売りが認められています。
これは、株式のように買いから行うのでなく、売りから取引を始めることができることです。
もちろん、反対取引が必要なため、決済には、買いを行うようになります。
なお、FXでは、買いの状態保っていれば、金利差益が生じますが、市場の動きと連動しているため、見込み損益が発生するようになります。
一定の割合を下れば、証拠金の上積みなどが求められ、さらに、損失が見込まれるようになれば、強制決済となってしまいます。
この点については、注意が必要でしょう。

近頃良く聞くFXについて、情報量が多いこのサイトで情報収集しましょう。

Copyright (C)2017初心者でも分かるFX事典.All rights reserved.