初心者でも分かるFX事典

収益方法もチェックしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
投資で最も気になるのは、やはり収益になるでしょう。
大きく分ければ、キャピタルゲインとインカムゲインがあり、FXにおいても、同様です。
では、実際には、どのようなものでしょうか?
まず、FXのキャピタルゲインでは、為替差益があります。
これは、売買に伴う収益であり、大きな部分を占めます。
たとえば、1ドル80円で100万円購入し、1ドル100ドルですべてを売れば、120万円となり、20万円の儲けとなります。
これは、外貨預金と同様、円安による収益方法です。
しかし、FXの場合、空売りができるため、円高でも儲かる可能性があります。
たとえば、1ドル80円の時に、100万円の売りをします。
1ドル70円で100万円の買いをすれば、10万円の差額ができ、それが収益となります。
円高時代の今では、もしかしたら、空売りが有効な方法でしょう。
株式の信用取引のような規制もないため、大いに活用すべきでもあります。
これは、差金決済を利用しているため、株式のような現物取引のように、買いからしか注文を開始できない現物取引とは、大いに異なる点です。
人気の理由も、こういうところにあるのかもしれません。
また、FXのインカムゲインとしては、金利差益があります。
これは、スワップポイントと呼ばれますが、一定の条件下で発生します。
すなわち、金利の低い通貨から金利の高い通貨の買いをし、なおかつ、その状態を翌日以降まで、保持していることです。
ただし、スワップポイントの計算方法などは、各業者などによって、異なっています。
この点を十分注意すべきでしょう。
以上、FXの収益方法であり、これらをうまく兼ね合わせることで、収益を上げるようになります。

近頃良く聞くFXについて、情報量が多いこのサイトで情報収集しましょう。

Copyright (C)2017初心者でも分かるFX事典.All rights reserved.