初心者でも分かるFX事典

分散化を忘れない

このエントリーをはてなブックマークに追加
一挙に大きな収益を得たい、と思いながら、投資をしている人も多いのかもしれません。
特にFXのような投資では、ハイリスク・ハイリターンと言われるように、時に大きな収益を上げることができます。
けれども、そうであるかこそ、FXでは慎重になるべくようです。
投資の世界では、余剰資金の使用と分散化というものがあります。
余剰資金では、このサイトの冒頭の方で述べていますが、生活に割り当てる以外のお金となります。
言葉は悪いですが、遊び資金にも匹敵するでしょう。
これは、生活に影響を及ぼさないためのものです。
また、分散化は、複数の投資を行うことです。
異なったものでもいいですし、あるいは、一つの投資の中で、複数の商品に投資をすることなども含まれます。
たとえば、FXをしながら、同じ通貨で、外貨預金を開設しておくことも、分散化です。
一方が短期的で能動的な投資ですが、もう一方が長期的で受動的な投資であるため、バランスの取れた投資運用が可能ということです。
また、FXの中でも、ドルを買いながら、ポンドを売ったり、あるいは、一つの通貨で両建てを行うことも可能なようです。
近年デジタル機器が浸透していますが、デジタルの基本は、トラブルに備えた回避策を持っておくことです。
たとえば、パソコンにデータがあれば、外付ハードディスクとともに、DVDやブルーレイのような媒体にも、同じデータを保存し、二重でもしもの場合に備えることです。
分散投資も、収益とともに損失をも鑑みたリスク回避策とも言えます。

近頃良く聞くFXについて、情報量が多いこのサイトで情報収集しましょう。

Copyright (C)2017初心者でも分かるFX事典.All rights reserved.